遺産相続はどんな手続きで進めていけばよい?

遺産相続を行っていくにあたり、どのような流れで進めていけば良いのかを把握しておかないと、一つ一つの工程や基準について悩んでしまうこととなります。
大まかな流れに関して、まず遺産相続が始まるタイミングは被相続人が亡くなったと同時に開始されると思っておきましょう。
その後は遺言書があるかどうかを確認し、公正証書としての遺言書ではなく、自筆の遺言書などが見つかった場合には検定を受けるために家庭裁判所に申し込みをしなければなりません。

そして次に相続人が誰になるのかを細かく知る必要があります。
まずは相続人をしっかり把握しておかなければ、今後の遺産相続が済んで行かないので詳細を調べる必要があるでしょう。
相続人が把握できたところで、初めて相続財産に当たる者の確認に入ります。
これまで自分が把握しているものだけではなく、財産となるものが見つかる可能性があるので、全てを整理しながら確認するようにしてください。

次に、遺産相続手続をする際には必ずしも相続を受けなければならないわけではなく、部分的に相続を受ける場合や、相続そのものを放棄する事も可能になっているので相続の選択を行います。
相続放棄をしたり、限定承認をする場合には、3ヶ月以内に必ず手続きを行ってください。
被相続人が亡くなってすぐ、上記のように準備を始めていきますが、ここまでの準備が終了したら準確定申告を行います。
ただ、この準確定申告に関しては被相続人が自営業を営んでいたなどの場合に限りますので、必ずしも必要な手続きではありません。

ここから本格的に遺産分割の協議に入っていきます。
相続人が全て揃った状態で話し合いをしなければならないので、個人的に相続協議を進めていくようなことはできません。
それぞれに受け取る分与が確定したら相続税の申告をしましょう。
自分が受け取る相続税の申告となりますので、相続人すべてが同じ相続税の申告ではないケースがあります。
その後、実際に受けた遺産の中で、必要なものについては名義変更などを行うことが大切です。

ここでの手続きは非常に面倒に感じてしまうものですが、しっかり行っておきましょう。
最後に被相続人が加入していた健康保険などについての手続きを行わなくてはなりません。
年金の受け取りなどに関してもしっかり手続きを行い、間違いの無いようにしておきましょう。

以上が大まかな流れになりますが、複数の工程を並行で行ってしまうようなケースも増えてきていますので、できるだけ早期に解決することができるように、相続協議などはスムーズに進めて行くことを念頭に置くようにしましょう。